ポンドドルで毎月100pips目指している人のFXブログ

水平線のみのアホみたいなシンプルなルールでトレードしています

2021.5.19のFXトレード記録

f:id:rachica:20210519231450p:plain

 

今日のFXトレード記録

今日の相場はロンドン初動でもみあい。

上方向だったら天井も近いのでとりあえずエントリーはしないで様子を見る日にしようと思っていました。

上げずに下がってきて、13時(日本時間19時)マイルールによりショート発生のタイミングがあり、エントリーしました。

 

f:id:rachica:20210519231724p:plain

エントリーはルール通りで問題なかったかなと思います。

ただ相場の勢いというものがまったく足りず、含み益11pipsくらいまでは乗ったかと思うのですが、折り返してきてしまいました。

難しかったのは、マイルールでは降りるほどでもない逆行だったこと。

ショートの場合、エントリー発生から6本目の終わりで切るというルールになっているため、4本目の終わりで建値あたりに戻してきていたのですが、続行しました。

結果、含み損を経て、6本目の終わりの足で微プラスだったでしょうか。

 

f:id:rachica:20210519232107p:plain

5分で見ると、エントリー直後から含み損。

やっと下にブレイクしたと思ったら、じわじわ戻してくる。

あげくの果てに、また含み損と、散々な展開でした。

一応6本目の終わりまで見るというルールですが、我慢して見たものの、どうにもブレイクの気配もしません。

 

f:id:rachica:20210519232301p:plain

 

建値ライン上で1分足のこの挙動。

もうブレイクはないかしらということで残り15分ほどのところ。

建値まで戻ってきてくれただけでもよしとして、緑のマーカーの負けていないところで決済としました。

私のエントリーしたラインって、そんな重要ポイントでしたっけ?となりました。

結果一瞬下げるのですが、戻ってくる展開でした。

足の終わりまで持っていたら4pips程度は残りましたが、そこを残していくトレードをしているつもりはないので、建値で出てこられたら幸せです。

 

今日のトレードからの学び

基本的にショートは勝負が早いです。

しかし、今日はダラダラ、勢いもない。

こんな日は、負けなければよいと思っています。

とりあえず、ルール通り6本目の最後まで見てみようという色気を出してしまいましたが、戻ってきてくれたのは結果論。

(戻りやすいところでエントリーしているつもりではいますけれど)

建値で逃げられる4本目の終わり、日本時間21時前の決済でもよかったかなぁ?と思う反面。

21時でブレイクしたかもしれないじゃないか~という思いもある。

結果を見てみないと本当の正解はわかりません。

正解が見えないときに決済を決断しておかなければいけません。

その決断こそが、正解ではなくとも、最適解ではあるはず。

だからこそ、迷いなく毎回同じルールで決済できるように、あと少しルールを詰めて検証を重ねていかなければなりません。

 

今日のトレード結果

 

+0.5pips

 

建値逃げ。

負けずに出てこられたらOK。

ルール通りにエントリーして、取れなければ、出てくる。

わかっていても含み損はやっぱ、イライラしますねー。

大きな事故なく出てこられてよかったよかった。

ということで、お疲れさまでした。