ポンドドルで毎月100pips目指している人のFXブログ

水平線のみのアホみたいなシンプルなルールでトレードしています

FXトレード記録(2021.7.12)

f:id:rachica:20210713033908p:plain



今日もトレードチャンスはありましたが、まぁ、何とも言えない展開でした。

 

今日のトレード

30分足チャート

f:id:rachica:20210713034022p:plain

30分足だとほぼ動いてない感じ。

 

5分足チャート

f:id:rachica:20210713034432p:plain

エントリー直後、お決まりの含み損モードへ。

自分のエントリーで、逆やればいいんじゃない?って毎度思うパターンです。

20pips取りにいってるのに簡単に16pips含み損になるというね・・・。

ブレイク狙うときは、どうしても戻される展開になりやすいので仕方ないです。

よいタイミングを探すとか器用なことはしないで、ラインにタッチで入るのみ。

IFO注文であとは放置しておけるのもいいですしね。

 

何度もエントリーラインを抜けようと試すのですが、一瞬で押し返される展開。含み益は最大でたった5pipsほどでした。

 

ショートの場合、エントリーの足を含めて30分足で6本目で決済ルールになっています。

足の終わりまで見るのではなく、6本目の足のどこかで建値付近であれば出るというルールにしています。

出たあとに下方向というのももちろんなくはないですが、検証の結果、私のエントリーでは一番それが被害が少ないという結論に達しました。

今回はよいタイミングで出られたようです。

ルール通りが最適解だったとのかいうのも、もちろんあとでわかるわけですが。

最適解だったときは、なんか、ほっとしますね。

でも、どんな結果になったとしても、ルールに従うのが最適解、ですよね。

 

 

今日のトレード結果

10枚 +2.4pips(ほぼ建値) +2645円

 

7月Total +38.3pips +42229円