ポンドドルで毎月100pips目指している人のFXブログ

水平線のみのアホみたいなシンプルなルールでトレードしています

FXトレード記録(2021.10.6)

f:id:rachica:20211006194423p:plain



8月あまりにも成績がよくなかったため、ブログをさぼってしまいました。

メンタルやられると、どうしても前向きに考えられないですよね。

いろいろ感じることもあった8月9月ですが、とりあえず今日の分から書いていこうとおもいます。

 

今日のトレード

30分足チャート

f:id:rachica:20211006195206p:plain



夕方ショートのタイミングがありエントリー。

いつも通り含み損を抱えつつなんとか下方向へ。

しかし、あと3pipsで利確というところで、一度戻されてしまいます。

 

5分足チャート

f:id:rachica:20211006195334p:plain

 

何度か利確19pipsに対し、一瞬15~16pipsまでのところは目指すのですが。

あと、あと一歩足りない。

マイルールで、水色のゾーンに入ってから建値に戻してしまった場合は、利確するところまで伸びなかった(ブレイク済み)とみなして、建値で降りることになっています。

ルール通り降りたあと、見事落下しています・・・ね。

 

利確はどこが正解か?

16pipsも含んで、建値決済。

たまにこういうことがありますが、毎度ダメージ受けますね。

なんとか利益残せなかったんだろうか?とか考えてしまいます。

けれど、利確を19pipsに設定したことにも私なりの理由があり、明確な理由なしに縮めることはしません。できません。

それは、私がそのようなルールにしているからです。

 

なんどもはじかれて、「あぁ利確ライン直前だけど、もう利確してしまいたい」と思うときは日常茶飯事です。

しかし、持っていれば刺さることが多いのです。

「持っていてよかった」「ルールを勝手に捻じ曲げないでよかった」と思えることのほうが多いのです。

たまにあるこのような展開のときに、自分のルールを曲げる癖をつけたり、ルールをいじるようなことをしてしまうと、今後のトレードがめちゃくちゃになっていきます。

 

今日みたいに建値タッチ決済後、ドーンと当初の利確ラインまでいかれてしまうと・・・マイルール疑いたくなったりもするんです。

しかし、建値決済というルールを組んでいるからこそ、このパターンで負けずにすんだことも数知れずあるわけです。

今日は、たまたま、悲しくなる展開になってしまったというだけで、マイルールが悪いわけではありません。

(もっといい手法はいくらでもあると思います・・・)

利確の正解は、私にとっては、ルール通りのラインに到達したとき。

それ以外のところでは、利確しないこととなりますね。

 

読みはあっていたのに、取れなかった日のイライラをどうすればいいか

 

こういう日はどうするかというと。

 

あぁ~イライラするわぁぁぁ~~~

いやな展開負けだわぁぁぁ~~~

 

とイライラしてて、イライラしたなぁということを認めて。

それで、終わりですね。

どうこうしなくてよいし、どうこうもできませんしね。

今日はパターンにハマらなかった、というだけのことですね。

(書いてストレスを発散しています)

 

今日のトレード結果

12枚 +0.5pips 669円

 

10月Total 19.4pips 25880円

 

10月1勝はしているので、こんな感じです。