今度こそFXで本気出す

毎月シンプルに100pips目指す人のFXトレード記録

FXで損大利小はありなのか(そして利確はどこなのか)

f:id:rachica:20210526004421p:plain

 

今日は手痛い損切りを食らいました。

ルール通りとはいえ、やっぱこう、イラっときます。

そして、こんなルールでよいのかなぁと不安になります。

というのも、私のポジション取りは損大利小だからです。

 

FXで勝つために損小利大は必要なのか?

ずっと手法・ルール作りをする中で、とにもかくにも月単位でプラス、そして最低でも100pips残る手法・ルールを確立したいと思っていました。

世間で言われている損小利大は、そりゃごもっともだと思うわけですが。

そんなポイント、そうそうありますかね?というのが私の疑問でした。

私にはとても見つけられそうにありませんでした。

 

せめて、利益と損切りが1対1のポジションなら探せるのではないかと考えました。

しかし、ちょっとしたブレで損切りに引っかかるのですよね。

よい月はあっさりプラスになりますが、悪い月になるととたんに損切り貧乏状態になる展開が多くみられました。

 

そこで、思い切って、損大利小でよいと思って検証をしていくと。

なんと、普通にプラスになるではありませんか。

 

要するに損大利小のポジションをとったとしても、損切りラインに達することなく建値まで戻ってこれば、負けはしないわけで。

損切り貧乏になることはないわけです。

 

ただし問題点は。

損切りラインに達したとき、取りたいと思っていた利益幅よりも、大きな損切りになるということです。

めったなことでは損切りラインに刺さってほしくないわけです。

なので、損大利小のポジションで勝負していく場合、勝率が物を言うことになります。

 

とりあえずこの観点に立ってルールと手法を確立していくと。

とてもうまくいきました。

そして、その通りのトレードをできるように、今練習しているのですが。

 

実際損切りにかかると、イラっとする

私のポジション取りは常に、利確目標約20pipsに対し、損切り幅45pipsです。

45pipsはかなり痛いです。

しかし、検証ではめったにかかることはありませんでした。

それが、今日普通にやってきてしまいました。

 

f:id:rachica:20210526010630p:plain

まず、また利確できない。

あとミリ単位で到達していなかったなら、ブレイク失敗とみなすのですが。

まだ上に幅があるので、手法的にはいったん押したとしても、再度の上昇で利益に刺す可能性を捨てきれないところです。

これが、ぐっと下げて、いったん建値付近まで戻してきました。

ここで決済しておけば、無難に出られたのですが。

 

損切りに刺さるまで持ち続けました。

理由は、検証で、ここは耐えたほうがよいという結論になったからです。

建値で出るルールというのも作って、計算してみましたが。

結果としては含み損30pipsを超えるまでは、利確まで待ち続けるのがよいという最終結論に達しました。

ですから、ここは建値付近に戻してきた時点では、含み損30pipsに乗っていなかったので、利確を狙って続行と判断いたしました。

 

いや、正直、危ないから切りたいなって思うところではありました。

ただ自分の中途半端な裁量を加えて、今回はそれで損切りせずにすんだとしても、次もうまくいくとは限りません。

切らなければ利確できたパターンというのは、過去にたくさん登場します。

今日45pips切ったのは痛いのですが、毎回建値付近で逃げてしまったために逃す利確のトータルのほうが大きいのです。

(少なからず過去検証ではそういう結果になりました)

なので、このめったに登場しない45pips損切りは受け入れていますし、間違いでもなかったと思います。

それでも、45pipsって大きいし、やっぱイラっとはしますよね。

これがこれから何度もやってきたらどうしようって不安になりますよね。

でも、まぁ、何度もやってきたらそのとき考えることにします。

そんな日は来ないほうがいいです・・・。

 

上手にその場その場のトレードをしようとしない

FX熟練の達人さま方におかれましては、こんなの切ればいいじゃん!って言われそうなチャートです。

私も普通に切ればいいじゃんって思います。

でも、自分の裁量を加えてうまくいくなら、とうの昔に成功しているはず。

どんなにダサイ損切りであろうと、どんなにダサイ利確逃しであろうと。

ルールに従うことが真実。

下手な私の裁量を加えて、その場その場を上手に潜り抜けようとしないこと。

これが恐らく、一番ブレないトレードができると思います。

下手でいいから優位性のある手法でルール通りにトレードする。

これだけで、プラスになっていくはずです。

うまくやろうとしなくていい、そして、下手でもかまわない。

自分に言い聞かせています。

 

ルール通りにトレードするのはしんどかったドテン売り

ロング失敗含み益14pipsからの損切りマイナス45pips。

痛い、痛すぎる。

そんな中、すぐに、ショートのポイントが発生。

今度は売りかよぉぉぉ。

めっちゃいやでした。

ドテンで今度また上に45pipsもありえなくないからです。

でも、でもね。

私は決めたのだよ。

自分の裁量ではトレードしないことを。

自分の検証結果を信じることを。

 

えい、やー!!でショート入りました。

 

f:id:rachica:20210526012032p:plain

またも利確3.5pips前で下げてきたのに、建値まで戻してゆきました。

またかよ、今日2度目、ついこないだも、その前も、利確には刺さらないのかよ!

もうはっきり言って、切りたかったです。

さっきの-45pipsが頭をよぎります。

それでも!!私は持たねばならぬのです。

そう、ルールにブレが生じないために。

 

ということで、じーっと我慢しました。

f:id:rachica:20210526012620p:plain

結局のところ、30分足で決済を決めている足まで見て、利確しました。

なんとか15pips残りました。

そう、これが私のトレード。

よくやった。

よくドテンした。

よく建値で出ずに堪えた。

 

ときに45pips切ることになろうとも。

私はルール通り、トレードをやっていくのだ。

あまりに負けるようなら考えます・・・。

 

 利確に刺さらないのは利確を欲張っているから?

もともと25pips残したいと思って作り始めたルールですが。

利確に刺さらないときに事故が起きやすいため、潔く少な目に利益確定のラインを置こうと思い、今の値幅を利確ラインとしています。

ほぼほぼ、刺さってきていたのです。

じゃあなぜ今こんなに刺さらないかというと、おそらくは、相場に元気がないから。

元気があれば、もうちょっと上に頭も出すでしょうし、下にもいったん下るでしょう。

元気のある相場だけで勝負できればよいですが。

元気のある相場であったかどうかは、やっぱり終わってみないとわからないので、とりあえずは今のままエントリーしていきます。

5月は厳しいなぁ。

でももう少し元気が出る日もあるでしょう。